遺言書サイト

司法書士の杉山と申します。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。当サイトでは、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の作成要件について、さらに、相続登記、相続放棄などについても解説します。
遺言書
自筆証書遺言
公正証書遺言
公正証書遺言の流れ
秘密証書遺言
遺言書の検認
遺言書Q&A
相続登記
遺産分割協議書
相続放棄
法定相続人
相続欠格事由・廃除
遺留分
特別受益
費用報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号
認定番号901010号


(対応地域:千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市  町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市千葉県 埼玉県 神奈川県 その他の地域についてもご相談ください。)

特別受益について


特別受益とは

相続人が、生前、被相続人から下記の贈与や遺贈を受けていた場合、他の相続人との公平を期すため、それを相続分から差し引く制度、法定相続分を修正する制度です。

特別受益分とみなされるは共同相続人間に対しての贈与、遺贈です。

すべての生前贈与を特別受益の対象とするものではありません。

婚姻・養子縁組のための贈与があった場合
婚姻をする為の持参金、嫁入道具、支度金 などなど
生計の資本として贈与があった場合
商売するための資金を出してもらった
世帯を持つときに住宅を建ててもらったり、土地をもらった など

特別受益に該当するかどうかは、その当時の被相続人の資産状況、家庭事情など総合して判断されます。

贈与の場合、持戻しの対象となるのは、相続人に対する贈与のみで、法定相続人ではない、相続人の親族に対して贈与があったことによって、親族が間接的に利益を得ていたとしても、原則として特別受益に該当しません。

特別受益をどう評価するかは、共同相続人間の協議によります。
もし、最終的に話がまとまらない場合には、家庭裁判所に調停によることになります。

特別受益者が生前に受けた利益を遺産の前渡しと考えて、相続財産にその額を加え各相続人の相続分を計算することになります。






特別受益について、不明な点がございましたら
お電話ください。
TEL;03−6915−5461  FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 登録番号4396号  
認定番号901010号