遺言書サイト

司法書士の杉山と申します。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。当サイトでは、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の作成要件について、さらに、相続登記、相続放棄などについても解説します。
遺言書
自筆証書遺言
公正証書遺言
公正証書遺言の流れ
秘密証書遺言
遺言書の検認
遺言書Q&A
相続登記
遺産分割協議書
相続放棄
法定相続人
相続欠格事由・廃除
遺留分
特別受益
費用報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号
認定番号901010号


(対応地域:千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市  町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市千葉県 埼玉県 神奈川県 その他の地域についてもご相談ください。)

相続登記について


相続登記は、死亡届出(死後7日以内)、相続税の申告(死後10ケ月以内)のように、いつまでに申請しなければいけない、というものではありません。

しかし、もし、土地、建物等の不動産を所有している家族の方が亡くなられた場合、必ず相続登記をしなければ、様々な問題が生じます。

被相続人(亡くなったご家族)の死後、相続登記をしないで放置している間に、もし法定相続人が亡くなられると、さらに遺産分割協議に参加でき、しかも面識のない相続人が増え、遺産分割協議が難航することも考えられます。

例えば、数次相続となった場合には、相続人であった者の配偶者も相続人となります。

相続人、相続分は下記のとおりです。

第1順位の相続人
配偶者+子
※子には、胎児、養子、非嫡出子も含まれます。
※配偶者が死亡している場合は、子のみが相続人になります。
相続分
配偶者:2分の1  子:2分の1
※養子は実子と相続分は変わりません。
※非嫡出子は、嫡出子の相続分の2分の1になります

第2順位の相続人(被相続人に子がいない場合)
配偶者+父母
※配偶者が死亡している場合は、父母のみが相続人になります。
※被相続人の父母が死亡している場合は、被相続人の祖父母が相続人になります。
相続分
配偶者:3分の2  直系尊属:3分の1

第3順位の相続人(被相続人に子、父母、祖父母がいない場合)
配偶者+兄弟姉妹
※配偶者が死亡している場合は、兄弟姉妹のみが相続人になります。
相続分
配偶者:4分の3  兄弟姉妹:4分の1

相続登記必要書類は下記のとおりです。
・不動産の登記事項証明書(物件を特定するためにご用意ください)
・公図(物件を特定するためにご用意ください)
・固定資産税納税通知書
・固定資産税評価証明書
・被相続人の死亡の記載がある住民票(本籍が記載されているもの)、出生から死亡までの戸籍謄本、
 改製原戸籍、除籍謄本
・相続人全員の戸籍謄本、住民票
・その他(遺言書、遺産分割協議書、印鑑証明書等々)



相続登記について、不明な点がございましたら
お電話ください。
TEL;03−6915−5461  FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 登録番号4396号  

認定番号901010号