遺言書サイト

司法書士の杉山と申します。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。当サイトでは、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の作成要件について、さらに、相続登記、相続放棄などについても解説します。
遺言書
自筆証書遺言
公正証書遺言
公正証書遺言の流れ
秘密証書遺言
遺言書の検認
遺言書Q&A
相続登記
遺産分割協議書
相続放棄
法定相続人
相続欠格事由・廃除
遺留分
特別受益
費用報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号
認定番号901010号


(対応地域:千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市  町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市千葉県 埼玉県 神奈川県 その他の地域についてもご相談ください。)

遺言書の検認について


遺言書の検認は、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など遺言書の内容を確認し、遺言書の偽造・変造を防止し、遺言の内容を確定する手続きであり、公正証書遺言以外は、遺言書を見つけたら、速やかに、検認を受ける必要があります。

また、遺言書の検認よって、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。

ただし、検認によって、遺言書が被相続人の最終意思によるものとか、遺言書の要件を充たしているかどうかなど、遺言書の有効性を確定する手続きではありません。

遺言の検認を受けずに、封印してある遺言書を開封したり、遺言の内容を執行しようとした場合、5万円以下の過料に処せられます。

仮に、検認を受けずに、上記行為をしたとしても、遺言書が無効になるものではありません。

このような行為によって、遺言者の最終意思が破棄されることはないからです。

しかし、遺言書の内容を改ざんする行為があれば、その相続人は相続欠格者となりますので、開封しないよう、注意する必要があります。



遺言書の検認について、不明な点がございましたら
お電話ください。
TEL;03−6915−5461  FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 登録番号4396号  
認定番号901010号