遺言書サイト

司法書士の杉山と申します。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があります。当サイトでは、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の作成要件について、さらに、相続登記、相続放棄などについても解説します。
遺言書
自筆証書遺言
公正証書遺言
公正証書遺言の流れ
秘密証書遺言
遺言書の検認
遺言書Q&A
相続登記
遺産分割協議書
相続放棄
法定相続人
相続欠格事由・廃除
遺留分
特別受益
費用報酬
事務所概要
相互リンク
サイトマップ


東京都板橋区本町36-1-602
バロール本町
TEL;03−6915−5461
FAX;03−6915−5462
司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 
登録番号4396号
認定番号901010号


(対応地域:千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 立川市 武蔵野市 三鷹市 府中市 昭島市 調布市  町田市 小金井市 日野市 国分寺市 国立市 狛江市 東大和市 武蔵村山市 多摩市 稲城市千葉県 埼玉県 神奈川県 その他の地域についてもご相談ください。)

公正証書遺言について


遺言書がない場合、相続でもめることもあります。公正証書遺言は、原本が公証人役場に保管されるため、最も証拠力が強く滅失のおそれもない遺言であり、公正証書遺言のみ検認の手続きが必要ではありません。

公正証書遺言は、遺言書の中でも、もっとも、安心できる遺言です。

しかし、下記のように公正証書作成費用が発生します。

公正証書作成費用
目的の価額         手 数 料   
  100万円まで      5,000円
  200万円まで      7,000円
  500万円まで     11,000円
1,000万円まで     17,000円
3,000万円まで     23,000円
5,000万円まで     29,000円
    1億円まで     43,000円
    3億円まで    5,000万円ごとに13,000円加算
   10億円まで    5,000万円ごとに11,000円加算
   10億円超     5,000万円ごとに 8,000円加算公正証書遺言の作成上の注意点

公証人費用算出事例
相続財産 総額6000万円 相続人甲 3000万円 相続人乙 2000万円 相続人丙 1000万円とした場合
相続財産総額6000万円だから、 公証人報酬は、上記の表により43000円とはなりません。
相続人甲 23000円 相続人乙 23000円 相続人丙 17000円 公証人報酬 総額63000円となります。

※価額を算定することができないときは、500万円と見なして算定します。
※遺言の場合は、相続人、受遺者毎に価額を算定して合算します。
 不動産については、固定資産評価額、路線化、時価をもとに、公証人が評価します。
※相続、遺贈額合計が1億円に満たないときは、11,000円を加算します。
※公証人は、出張もしておりますが、その場合には、報酬は、通常の料金の1.5倍となり、交通費も発生します。


公正証書遺言の作成する上で、以下の点に注意しなければいけません。

@遺言者は、証人2人以上の立会いのもと公証人に遺言内容を公証人に口授します。
※証人1名は、司法書士とし、残り1名につきましては、公証人役場にて、職員OBなどを紹介していただくこともできます。この場合には、謝礼として5000円程、渡されることが多いようです。
※平成11年改正法により、口がきけない相続人であっても公正証書遺言を作成することができるようになりました。遺言者は、公証人及び証人の前で、遺言の趣旨を通訳人の通訳により申術し、又は自書して、口授にかえることがでます。ただし、公証人が読み聞かせたのに対し、遺言者がただうなずくのみであった時、口授があったといえないとする先例もありますので、遺言者の意思を十分確認することが重要です。 

A公証人は、その口授を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、閲覧させなければいけません。

B遺言者及び証人は、筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名・捺印しなければいけません。

C公証人は、その証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印しなければいけません。

D証人になることができない人がいます。
※未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者、及び直系血族は証人には、なれません。
※公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び雇用人も、証人にはなれません。



公正証書遺言が残られている場合の相続登記必要書類
・遺言書(家庭裁判所による検認は必要ありません)
・被相続人が亡くなったことを証明する戸籍謄本
・被相続人の最後の住民票
・相続人の戸籍謄本
・相続人の住民票
・固定資産税評価証明書


公正証書遺言について、不明な点がございましたら
お電話ください。
TEL;03−6915−5461  FAX;03−6915−5462
所属司法書士 司法書士 杉山 浩之
東京司法書士会 登録番号4396号  
認定番号901010号